歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病治療

歯周病とは、お口の中の歯周病菌によって歯を支える歯茎(歯肉)や骨(歯槽骨)などの歯周組織が破壊される病気です。
歯周病菌は歯と歯茎の境目(歯肉溝)など、清掃が不十分になりがちな部分に蓄積され、歯肉の辺縁に「炎症」を引き起こします。
初期段階に痛みはありませんが、放置すると歯肉溝(歯周ポケット)はどんどん深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯がグラついてきます。
そして症状がひどい場合、抜歯が必要となるケースもあります。


歯周病の進行段階

一般的に、歯周病は以下のような過程をたどり、進行します。

1. 健康な状態
歯と歯茎のすき間(ポケット)もなく、歯茎が引き締まっている。
2. 軽度歯周病
歯茎が赤く腫れあがり、歯を磨いたり固いものを食べると出血することもある。
3. 中度歯周病
ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭もあり、歯が浮いたような感じがする。
4. 重度歯周病
歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

歯周病の原因とは?

歯周病治療

あなたは口臭や、口のねばつき、歯茎の腫れや出血、歯のぐらつきが気になったことはないでしょうか?これらは全て歯周病の症状です。実は、18歳以上のほとんどの方が歯周病菌に感染しています。症状や進行度に個人差があるだけで、皆さん感染しているのです。

「毎日きちんと歯磨きしているのに口臭がする」
「ちゃんと歯医者さんで定期的にお口の掃除を受けているのにねばつきが残る」

こうした症状がなかなか良くならない原因には、以下のようなものがあります。


原因1.お口の中のカビ(カンジダ)
まず最初の原因として、お口に住むカビ(カンジダ)があります。ただしカビは歯周病の直接的な原因ではありません。歯周病菌の住処になり、歯周病菌を守っているのです。

カビがある限り、薬用成分は歯周病菌には完全には届きません。カビは歯磨き粉に含まれている薬用成分では死にません。 特殊なカビ除菌用のお薬が必要なのです。
原因2.通常の歯周病菌
もう1つ原因は通常の歯周病菌です。一般的な歯周病治療は、歯石取りと歯面清掃です。実際は歯の表面についた汚れを、歯や歯茎の一部と一緒に削り取っているだけなのです。そもそも歯周病は歯周病菌による感染症です。

汚れを取っても除菌しなければ、またすぐ菌が増えて症状が再発します。だからちゃんと歯周病治療しているはずなのによくならないのです。

さらに通常の歯周病治療には大きな欠点があります。歯石を取る器具は刃物です。刃物を使えば、当然周囲の歯茎も少し傷つきます。

特に歯周病菌に感染して腫れている歯茎は簡単に傷つき出血します。除菌をしていない状態で出血させると、そこから菌が血中に入り全身に流れていきます。

菌血症という状態を引き起こします。心筋梗塞などの血管の汚れからは多くの歯周病菌が観察されています。全身疾患を引き起こすリスクがあるのです。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病治療

歯周病は「サイレント・アーミー(沈黙の病気)」とも呼ばれており、症状の初期段階では自覚症状があらわれにくく、気づかれないまま放置されることが多い病気です。

そして、そのまま放置を続けると、歯周病が重度化するだけでなく、心臓病や脳の血管障害、糖尿病といった全身疾患の引き金にもなる危険性をはらんでいるのです。

歯周病と深い関係性にある全身疾患は以下の通りです。


肺炎

高齢の方では、物がうまく飲み込めなくなり、歯周病菌が肺に入ってしまい、増殖して肺炎を起こす。

脳卒中

動脈硬化を引き起こすことが原因で起きる。

心臓病

歯周病菌の作り出す物質が血液中に流れ、冠状動脈の壁を肥厚させ、血管が詰まり動脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となる。歯茎の健康な人に比べ、2.8倍の危険率がある。

糖尿病

インスリンの働きを抑える物質が歯周病の場所に大量に集まっているマクロファージという細胞から出されます。 また、肝臓の糖の分解を抑え、すい臓のインスリン分泌傷害を起こすと言われます。 重症の歯周病の場合、軽症の人に比べ、2年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。


POINT 糖尿病とは?
インスリン(栄養になる当分を細胞内に取り込むようその細胞に指令を出す)の働きが悪いため、細胞が栄養不良になり体の抵抗力が落ちてしまう病気。また、利用されない糖分が血液中にたまり、血管や神経に障害が出る。 50歳以上の15~20%の方が糖尿病が強く疑われると言われています。

当院で扱う歯周病について

歯周除菌治療

当クリニックでは、歯磨きと飲み薬で歯周病を治す、新しい治療法「歯周除菌治療」を取り入れております。
熊本県天草の生田斗南先生が提唱され、日本中で注目され、雑誌等でも多数取り上げられている治療法です。
まずご自身のお口の中の歯垢(プラーク)を取り、顕微鏡で調べます。ほとんどの方がお口の中にいる菌を見てショックを受けられます。

菌の種類や量により、カビを殺す歯磨き剤によるブラッシングと歯周病菌に最も効果がある内服薬により徹底的に除菌します。
同時に菌やカビの住処になる歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)のお掃除をしつつ、特殊な消毒液で洗浄します。
約一週間後、再度顕微鏡で検査します。除菌されたことを確認した後、通常の虫歯治療などに移ります。

この治療を受けた患者さんは、皆さん大変驚かれます。

「歯のぐらつきが止まった!」
「口のねばつき、出血がなくなった!」


この治療法のすごい点は、除菌して汚れを取り除くことで、歯周病によりダメージを受けた歯茎や溶かされた顎骨が再生するのです。つまり、今までなら抜歯するしかないグラグラの歯も残せる可能性があります。

当院の歯周除菌治療の詳細は、「除菌治療」ページをご覧ください。

除菌治療を詳しく見る


虫歯治療の前にも歯周病治療をオススメしています

当院では、治療した歯の寿命が長持ちする「治療の流れ」をお勧めしています。将来的に患者さんの来院頻度や治療費の軽減につながりますので、ご理解いただければ幸いです。 そのため、虫歯の治療をご希望の方にも歯周病の治療からご案内しています(痛みがある場合は、痛み止めの治療を優先して急性症状を取り除きます)。


治療の流れ

Step1. 歯周病治療(歯石除去・クリーニング・ブラッシング指導など)

歯の汚れを落として歯茎の炎症を抑えます。

Step2. 虫歯治療・補綴処理(保険治療/自費治療)

詰め物と歯の境目の適合が格段に良くなります。

Step3. メンテナンス(お口全体の定期的な検査と予防クリーニング)

歯周病と虫歯が治ったお口の状態を維持します。


POINT 歯周病が治った後に虫歯治療をするとこんなに良いことがあります!
  • 虫歯の再発を予防できる
  • 虫歯をよりきれいに削り取りやすい
  • かぶせ物や詰め物の適合がよくなる
  • かぶせ物や詰め物が長持ちする
  • かぶせ物や詰め物が、より自然に、美しく装着できる
  • 歯周病による滲出液(出血や膿)で虫歯の治療が阻害されない
  • 根っこの治療などの治りがスムーズになる

定期的な歯科検診を受け、歯周病予防を心がけましょう

ここまでご説明した通り、歯周病は口の中だけの病気とあなどってはいけません。歯周病が重度であればあるほど、糖尿病や心臓病といった全身疾患の発症リスクが高くなるのです。 歯周病の発生は、定期的な歯科検診によって予防することが可能です。また、治療の必要性がある場合は、歯周治療や歯科治療を受けることをオススメします。

ご予約・お問い合わせ

急患・初診は柔軟に対応いたします。
まずはお気軽にご連絡ください。

0466-53-7673

クレジットカード取り扱い(VISA MASTER)

24時間予約

土・日
10:00~13:009:00~
14:00~19:00~18:00
平日
10:00~13:00(受付最終12:00) / 14:00~19:00(受付最終18:00)
土曜・日曜
09:00~13:00(受付最終12:00) / 14:00~18:00(受付最終17:00)
※新患・急患随時受付
休診日
木曜日

〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台7-17-4 コニーズシンビル3階
駐車場・医院1階17台完備

■最寄駅からの所要時間

  • 小田急江ノ島線「湘南台」駅 徒歩7分
  • 相模鉄道いずみ野線「湘南台」駅 徒歩7分
  • ブルーライン「湘南台」駅 徒歩歩7分

3年連続 当院のドクターが歯医者さんがおすすめする歯科医院に推薦されました